米光講座

米光一成の講座に関する報告
<< インタコンテ2009_1 | main | みなさんは囚人で >>
インタコンテ2009_2
0
    立命館大学映像学部「インタラクティブコンテンツ企画実習」、4月14日二回目。
    YMCK『ファミリーシアター』、ドット絵のキュートなアニメーションと音楽、まぶしい感じで授業スタート。

    手伝ってもらっている生徒がどんどん書いていくグラフィカル・ファシリテーション(ファシグラに関しては八木健夫『板書の極意』をオススメ)を画面に映しながら授業をしているのだが、今回はそのファシグラを全員で書いてもらうために模擬会議。
    実際に書くとその難しさやポイントが深く理解できて、ファシグラ担当よっしーのカブが急上昇(先輩すごい!はぁと)。

    前回授業のおたよりを読む。ヘコんだっておたよりが数通あったので、それを紹介しながら君塚良一『脚本(シナリオ)通りにはいかない!』の“屈む、ジャンプ、ひねる、着地する”という構成法の話。へこんでもいいけど、へこんだことにへこむな。へこんでからジャンプするんだから、カッコ悪くへこんでも、だいじょうぶだよー。って話。

    観察と感想がどう違うかを説明して、観察感想の実技。生徒が持っていた『ユリイカ』と『週刊アスキー』を使う。個人に聞いてから、チームで打ち合わせてもらう。

    自分マトリクスでわいわいと交流。
    企画会議のコツを解説して、実際に会議。
    観察感想の使い分け方と、イエスアンド(『仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本』を参照のこと)と、ファシグラを実行実感してもらう。
    どうにかしてラスト、どん!っと決めて終わりたいのだが、観察感想を書いてもらって終わるって方法だと、順次解散みたいな感じでちょっとダラっとしちゃうので、なんか考えよう。
    授業後、「いっぱいいろんなことやってつかれたーよー」って生徒がキラキラした顔で言ってきたので「こっちはもっとつかれたよー」と返す。
    SANY2421
    SANY2422
    SANY2423
    SANY2424
    SANY2426
    SANY2427

    錦亭
    錦亭
    | yonegame | 立命館大学授業 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://game.lv99.com/trackback/880414
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    このページの先頭へ